志士経営者倶楽部 活動報告

志士経営者倶楽部ロゴ

志士経営者倶楽部は、国を経営する!という理念で行動する団体です。

活動報告 ひとりひとりが未来をつくる
政府通貨セミナーのご報告
2011年06月24日
政策提言セミナー「東日本大震災からの復興と経済再生の決め手」は、当初の嵐閧蝠揩ノ上回って、275名が参加して大盛況のうちに充実した内容で開催することができました。

セミナーは、加瀬英明名誉理事の開会あいさつと問題提起に始まり、平沼赳夫元経済産業大臣が基調講演。不況を克服し震災復興のためには100兆規模の財政出動が必要であり、民主党が言うような「コンクリートから人へ」では国民を救うことができない。政府貨幣の発行で大胆に政策を遂行すべきだ、訴えられました。続いて丹羽春喜教授が政府貨幣発行の意義を説明。政府貨幣発行権を日銀に売却して必要な資金を調達すれば新たに政府通貨を形として発行する必要はなくなり、巷間言われるような2種類(日銀券と政府貨幣)の貨幣流通による混乱はないことを指摘。渡辺学長は、自身の専門分野である「開発経済学」の観点からは政府貨幣発行はあり得ないと考えてきたが、今は丹羽教授の理論を支持していると楓セ。長谷川三千子教授ヘンリー・ストークス氏のコメントののち、質疑応答では丹羽教授が答えました。



最後に主催者を代浮オて柳瀬公孝志士経営者倶楽部理事長がセミナーを総括し、志士経営者倶楽部の趣旨目的に対する理解を訴えて閉会しました。ご協力いただいた皆様に感謝垂オ上げます。

セミナーの模様は「みんなでTV」にアップしておりますので、ぜひご覧ください。
みんなでTVhttp://www.youtube.com/user/minnadetv
このエントリーをはてなブックマークに追加
top